大江戸御殿│目黒・癒しの城下町~おおえどごてん~

menu
お店に電話をかける

施術内容

ロハス ハーブテント
ハーブテントとは、タイ原産のハーブ(薬草)をテントの中で蒸すと、蒸気を発生させます。
その蒸気を浴びると、私達の目に見えない効果を(静脈・リンパ・皮下脂肪)感じ取る事が出来ます。
下腹部より全身に行きわたり筋肉疲労を緩和させ血流を促し免疫力の改善に効果があるとされています。
(リンパ・静脈・毛細血管まで効果は行きわたる)発汗作用により皮下脂肪にその効果を及びます。
発汗作用によるエネルギー消費にともない、ダイエット効果にも期待が出来ます。
ハーブをテントの中で蒸し、その蒸気を浴びる事で体の奥の老廃物や余分な水分を汗と共に排出。
一回使用で体脂肪数減少、肩こり、精神疲労、消化器系のトラブル等、デトックス効果は最高です。
デトックス フットバス
デトックスフットバスは、足湯の効果効能は大きく分けて2つあります。
1つは血行改善、もう1つは精神状態の改善(リラックス)効果です。
血行不良には、
●冷え性(手足が冷たくなって不快、眠れない)
●肩こり・腰痛
●足がむくむ
●疲労(運動による筋肉痛・長距離の運動など)
などの症状があり、いずれの場合も不快であったり、重症化すると生活習慣病となってしまうこともあります。
中国には、「未病(みびょう)」という考え方があり、読んで字のごとくですが、まだ病気になっていない状態というのがあります。
血行不良(血行障害)は、まさにその未病だといえてます。
また次に紹介します、精神状態の悪化も未病だといえます。
精神状態の悪化には、
●仕事のストレス
●倦怠感
●体を動かしていないのに疲れる
といった種類があります。もちろんフットバスを使うなどして足湯(足浴)すれば上記の未病が必ず改善できるかといえば、何ともいえません。
ただ足湯をすると半身浴と同じように、体の芯から温まり血行が改善されお風呂に入ったようなリラックス感を得られる方が多いのも事実です。
健康維持のためにも足湯(足浴)されてみてはどうでしょうか?
リフレクソロジー
足の老化が寿命を縮めます。
足には「老化による衰え」もまっ先にやってきます。
ある日なにかのひょうしに思いのほか足がゆうことをきかないことに気づき愕然と老いを自覚するという方が多いと思います。
例えば、自分ではちゃんと障害物をまたいだつもりでも、実際は自分のイメージどうりに体が動いていなくて、つまづいたり、なんでもない階段で転んだりといった具合にです。

足は「第2の心臓」である血液の循環を助ける筋肉の「ミルキング アクション」
「足は第2の心臓である」この言葉は大げさに聞こえるかもしれませんが、決して誇張しているわけではありません。
ましてや、象徴的な意味合いで使われているわけでもありません。足の重要な役割を実に的確にいいあらわしています。
ツボを刺激して自然治療力に働きかけます。
ツボは体内臓腑の反応点です。経絡は体内臓腑と体表を結んでいますが、ツボはいわば経絡が外界に対して開いた窓ということができるでしょう。
体内臓腑の異常は経絡を通して窓であるツボにあらわれるので、ツボは体を診察するときのポイントになります。
また反対に、ツボを刺激することで、経絡や体内臓腑に働きかけ、それらの変調を調整することができるのです。

次世代アンチエイジングマシーン
ただ立っているだけで、有酸素運動、無酸素運動の効果が体験できる今、話題のブルブルダイエットマシーン定番の振動マシーンです。
ダイエットエンドに乗りはじめて10秒ほど経過するとまるで重い荷物を持っているような状態になります。
持続的な筋肉の収縮を伸長を通じてウエイトトレーニング運動になります。
10分間で最大「14、400歩を歩く運動効果」が期待出来ます。
気になる部位を限定して運動出来るので、ダイエットやリハビリにも効果的です。

最近の投稿

アーカイブ